トップ > ジュエリーリフォーム

ジュエリーリフォーム

ジュエリーリフォーム説明
形見の品や、大切な方に頂いたジュエリーを使えるものにしたい!
リフォームの流れ
ジュエリー・リフォームのイメージ1
使わなくなった、作り変えたい ジュエリーをお持ちください。
石を外し、その日の相場で地金(金・プラチナ等)の売却価格の概算をお出しいたします。
ジュエリー・リフォームの流れ次へ1
ジュエリー・リフォームのイメージ2
ご要望・ご予算に合わせ、石を活かしたデザインを作成させて頂きます。
ジュエリー・リフォームの流れ次へ2
ジュエリー・リフォームのイメージ3
【 完成 】
  ¥370,657 (税込制作代)
¥64,750 (地金の下取り代金)

  ¥305,907 (ご請求金額)
キーワードから実例検索
ジュエリーリフォーム実例
例に漏れず殆どお使いにならなかった様子の立爪と、ダイヤ入りリング・P/Kコンビのイヤリング、計3点をお持ち下さり、「立爪のダイヤを使える様に・・・」リフォームなさりたいとの事、今までに開発したものを見て頂き嵌めて頂いた。
一つ気に入って下さったデザインが有ってホッとしたが、ダイヤの大きさが違うのでその枠は使用出来ない・・・。立爪枠のPt900を溶かして手作り加工した方がお安く出来るとのお話もし、主役のダイヤを大きく見せる手法を取ったデザイン画を起し再度ご覧頂く。
主役のダイヤが大きく見えるので、"両脇にセッティングするダイヤも大きく"というご希望でデザイン画を描き直し再度見て頂き加工に入った。
指輪1本加工+脇ダイヤ2.04ct)+消費税-売却代(¥92,500+¥45,000)+¥11.000-¥11,563(売却代)
 
¥136,937

I様、大学でサークルが同じだったという女性との結婚が決まり、幼い頃事故で父親を亡くし一人で育てて下さった御母様の、「手持ちの貴金属を結婚指輪を造るのに役立てて欲しい」というご希望を受け入れて、3人でご来店下さった。
結婚指輪は、男性I様の好みを受け入れてデザインを決め、奥様の婚約指輪は、お母様から頂くヘッドのダイヤを使い、その結婚指輪とセットになるようなデザインに決まった。
指輪3本とチェーン付きダイヤのヘッドをお預かりし、指輪を3本つくった。
PT850チェーン3.60gとPT900地金残0.33gを売却代とする。
指輪3本加工+消費税-売却代¥140,000+¥11,200-¥9,336(売却代)
 
¥141,864

昨年の結婚20周年目に御主人様がご入院、少し後遺症が有るとの事だが、傍目にはお元気な方としか思えない程の回復ぶりである。
心配を掛けた奥様に、使ってもらえない婚約指輪をリフォームし、結婚指輪もセットで使えるようにリフォームする事になったという。
お持ち下さった2本の結婚リングはPT1000なので、その地金を使用して手加工する為に、パラジュームを混合し、PT900地金にして強度を付けることにした。
お預かり分の残りの地金は売却して、お手持ちの使えなかったK18のイヤリングをピアスに直した。
(指輪2本加工+ピアス修正)+消費税-売却代¥168,250+¥13,460-¥19,683(売却代)
 
¥162,027

結婚リングを嵌めてご来店のA様ご夫婦、御主人様の手にはリングが食い込んで見えた・・・が、サイズが小さ過ぎなのかと思いきや、「大丈夫!外せるのです!痛くもないのです!」と外してみせて下さった。
どうやら手のお肉が柔らかい質らしく、奥様も見るとびっくりするので今年は結婚25周年に当たる年なので、今までお使いのものを整理して、結婚リングも新しく、手に食い込まないデザインにしよう!というお話であった。
そのデザインは、幅と厚みが手のサイズに合う充分なボリュームにし、左小指の第一関節が指輪にぶつからない様、小指側を下げたものにした。
お父様の形見のダイヤ入り印台はサイズ直しをして新品仕上げをする。
奥様のも同じデザインではあるが、やはり手の大きさにあったボリュームで、もう使わないと言うリングについていたダイヤを付け、更に4年前に当店でリホーム下さった婚約リングともセットになるように・・・・というご希望で、婚約指輪の方もサイズを直し、少し改造点もあった。
預かりの結婚リング3本(PT1000)にパラジウムという地金を入れてPT900地金にし、全てを手加工で行い、その他の地金は売却した。
(結婚指輪2本加工+リング2本サイズ直し)+消費税-売却代¥181,200+¥14,496-¥48,597(売却代)
 
¥147,099

18金の枠に留めてあったアメジスト(誕生石なので)を使って、「PT900指輪を造りたい・・・・」というご希望で、中央にアメジスト両脇にはヘッドから外した大きめのダイヤをあしらった、シンプルなデザインを加工する事になった。
PT900地金は、お預かりの中にはヘッド枠二個で合計1.97gの量しかないので、PT850のチェーン二本にPT1000を配合し、PT900地金にして加工する事に・・・。
そして、S様ご夫婦がかねてより結婚リングのサイズ直しも希望なさっていたので、お預かりしてサイズ直しと新品仕上げも行った。
アメジスト指輪加工+結婚リング2本サイズ直し―売却代¥100,309+¥8,025-¥108,334(売却代)
 
¥0

写真のBeforeの分量を、3回に渡ってお持ち頂いた義母様の遺品から貴金属をより分け、宝石をはずしてどの地金を使用してどの地金を売るか、出来るだけ利用価値を高める様、思案した。
PT900地金は、高騰時の半値まで下がっているので結婚リングは新しい地金で加工する。
指の長い奥様の方の結婚リングに、セットして使う同じデザインの指輪をもう一本欲しいというご希望で、沢山あるK18地金の一部を使い手造り加工、外したダイヤを留めた。他の地金は全て売却する。
(指輪3本加工+石留め梨地仕上げ)+消費税-売却代¥232,153+¥18,572-¥224,307(売却代)
 
¥26,418

写真のBeforeのように、イエローの角ダイヤを白いダイヤで取り巻いた、豪華な婚約リングを頂いた奥様のご要望で、リフォームする事になった。
しまっておかないで、"K18地金の、現時点でも使えるさりげない指輪にしたい!"という。
細身でモダンな雰囲気の方の薬指に、角ダイヤが平行に収る様にとの計算で手作りした。
お持ちの地金はPT900の指輪枠とPT850のチェーンなので、それを売却し、K18地金で加工した。
K18地金込み手造り加工+角ダイヤ石留め-売却代¥105,591+消費税-¥94,877(売却代)
 
¥19,161

デザインが決定し、職人の手でダイヤが外れたところで、Beforeの写真撮影を忘れていたことに気付く。慌てて工房へ行きスマホで撮りました。
中央のリングがPT900でできており、リフォームする主体です。
写真左は、ダイヤ0.15CTが留まっていたK18WG枠で、皮のひもが付いてブレスレットになっていました、御主人からのプレゼントであったそうです。
残念ながら革紐が気に入らないとかで、今まで嵌めていた10KWGの小指リング(写真左)を壊し、2個を一緒にして新しい小指リングを創りたいというご依頼でした。
使えるダイヤを全部使うという事で、どうしても指輪の上部は2連になり地金の不足分を「売却分」で補えるような重さで仕上げるよう、デザインをうまく調整して決めました。
小指指輪サイズ4番加工+石留めダイヤ0.15CT/メレ16個(計0.17CT)=¥83,000+消費税

パールの指輪を持参のG様、「これを普段使える様にしたいのですが・・・」、とご来店。
ごく普通にみるパールリングですが、お仕事をなさってらっしゃる身としては、フォーマルな臭いが普段には出来ないと感じられるのかも知れません。
まず爪を省きその他飾りも全部省いて、飾りの上に付いている小粒ダイヤを、左右の腕に2個づづ埋め込むシンプルなデザインを描いてお見せしました。
絵の通り、持参ノPT900枠を溶かし加工しましたが、地金が少し足りませんでした。
PT900指輪加工代+地金不足分=¥42、421+消費税

「結婚式があるので・・・立て爪の婚約リングをリフォームしたい・・・・」という電話を頂く。一番多い定番の電話では有るが、お会いすると50代に入ったばかりの若い方々なので、立て爪の寿命の長さに驚いている。
結婚リングも持参、これはサイズを上げるだけになさる。
Y様も、当店の見本をみて人気度高いこのデザインを気に入って下さり、出来上がって後は、ダイヤの輝きに(こんなに光るとは・・・・!?)と、御主人様に「感謝をしよう!!」と言ってお帰りになった。
ダイヤ0.386CT指輪加工・石留め+結婚指輪サイズ2番上げ=¥71,400+消費税

K様、使わないK18のイヤリングやヘッド・PT900のダイヤ入り指輪を持参、お手持ちの0.411のダイヤ付き指輪とセットになる指輪をK18で創ることに・・・・。
イヤリングとヘッドからダイヤを全部外してみると、思ったより大きく、小粒のものを選んで留めたが、結構重みのある指輪になる。
預った地金は必要分だけ溶かしてオール手造りの所以でもある。
リング加工代+ダイヤ留め代=¥55,400+消費税-地金売却分(PT900指輪とK18残2.5g)

結婚指輪は2本共が、30年使用の歳月で彫りも消え薄くなって少し曲がっている部分も有りました。
殆ど使用せずという0.411キャラットの婚約指輪と、P/Kコンビのファッションリングの枠も利用して、婚約指輪と結婚指輪2本、計三本のリフォームを賜りました。
今後の人生も結婚指輪をお二人が変わりなく嵌め続けていくは、御主人様の好みに沿ったデザインで有ることが重要なので、まずは御主人様に色々嵌めて頂き(見本70種~75種)、奥様と共に決定。
奥様の結婚と婚約リングは2本がセットとして一緒に使用出来ることをお勧めしました。そうすれば使用しやすくダイヤを生かすことが出来ます。デザインは御主人と同じですが御主人様は(L)、奥様のは(S)という事で、身体に相応した相似形にすべて手造りしました!。
PT900指輪3本加工+ダイヤ留め代=¥120,000+消費税-地金残0.5グラム\1,500

丁度、リフォームで足繁く来店下さっていたM様、当店の年一度の売り出しに出くわして、かねてより思っていた{二人のお嬢様にパールのネックレスを用意しよう!}という事を実現下さった。
共に細身でいらしゃるので全長38cmで糸組し、イヤリングも加工した。2本とも最高の色と照りである。
パール連(7.5-8.0)二本(半額)+糸組・イヤリング加工2組=¥294,750+消費税

数年前「母の形見をピアスに・・・・」と、1.047キャラットのダイヤを片耳ピアスにリフォームなさったイケメンパパのM様、保育園児の活発なお子様もいらっしゃる環境の中、「なくしたら・・・!!」と不安になったという。
「安全な少し太めのチェーンにいつもぶら下げていたい・・・」ということで、ヘッドにリフォームし、PT850チェーンも全長44cmで特注した。
PT900ヘッド加工代+PT850チェーンも全長44cm=¥208、675+消費税

赤珊瑚の付いた御祖母様のかんざしを持参のA様、「勿体ないのでヘッドにて使おうと思うのですが・・・」と。結構大きな珊瑚であった。
チェーン通しの部分は、チェーンが緩やかに通らねばならないので、寸法を出す為に、「出来上がってから使用するチェーンが有ればおもちください」と御願いする。
珊瑚の底は菊の模様で穴隠しをした。
K18地金込みヘッド加工代=¥36,500+消費税

一人娘様の結婚式が決まったというT様ご夫妻がご来店。
同居だった御母様も長生きなさって、市から銀杯を頂いたのだとか?
お持ち下さったものが沢山あった。今回は、大きなダイヤを生かしたリングを創りたいということでデザインを絞り込み、残りの地金は売却した。
この際、「使わないものを処分して心をリフレッシュしよう」ということが、お二人のお洒落なファッションからも窺えた。
加工代(PT900指輪+イヤリング)=¥144,375+消費税

K様、東京在住のお母様から譲り受けた、ダイヤ0.63ctの立爪リングを婚約者の方へリフォームして差し上げることになった。
二回目にお見えの時、婚約者様の好み通りに図面を引き創ることに・・・・。
手作り感を出し使い易いように手のひら側を幅広にして、30年後にも使える様にと地金は残さず全部使い切った。
PT900指輪加工代=¥43,800+消費税

ホームページを見てご来店下さったというM様、指輪4点・ヘッド3点・チェーン2本を持参、全部素材はK18で石はルビーとダイヤであった。
「これだけの量があれば、ペンダントヘッドと指輪のセットが出来ますねー」と申し上げると、「その様にして下さい・・・・」ということなので店の展示物など見て頂き、どれがお好きでどれが苦手か、好みを教えて頂くことにした。
「モダンよりアンティークな感じが好きです・・・・」と言って下さったので、2週間時間を頂き、石を枠から全部外し、実物大で図面を起こした。
M様にお見せすると喜んで下さり、「楽しみにしています・・・」と言って下さったので、期待を裏切らないように・・・と、緊張しながら職人に2度の駄目出しをして加工を終了した。
2点合計加工代金(ペンダントヘッドと指輪)+消費税-地金残売却=¥362,250

お母様から頂いた指輪をご自分の手に合わせたいと、PT900指輪を2本お持ち頂いた。2本共がサイズ#12で、合計1キャラットのダイヤがセットされている。 ぶりの小さい方は薬指に、大きい方は中指になさるということで、サイズリングで測ってみると薬指は#11番、中指は#16番であった。 しかし両方のダイヤがセットされてる内側部分に空間が有りたぶん手の皮膚が入り込むので回るだろうと予測し、薬指の方は#10.5に、中指のりんぐは空間が大きいので中央部分に皮膚が入らないようX型の板を張って#16にした。
PT900指輪サイズ直し2本・内側加工1本=¥19,000+消費税

「お母様から頂いた指輪のサイズを直して使おう!」とお持ち下さった。
一つは縦に2ピース横5列にダイヤ10個が入ったPT900指輪、二つ目は横向きV字のK18枠に7Pのダイヤが留まったPT900指輪である。
二本共#11を#15にサイズを4番上げる事になった。
サイズ直しをする部分をチェックすると、ダイヤ10個の方はサイズ直し部分の厚みが1.2ミリあるが、太めのK/Pコンビの方は、厚みが0.4ミリですでに折れ曲がりが有る。
かつて、長年嵌めっぱなしだった指輪を抜こうとして指に刺さった人が駆け込んできて、指輪を切断したことが有った。その厚みは0.6ミリであった。
お忙しい方ゆえ、お預かりした時点で気づかずにいて申し訳無いと詫びつつ、再度お出で頂いて「リングの厚みが1.0ミリある部分(円周の直径よりやや下位)で切り落とし、それにPT900地金を加えて、手のひら側(円周の半分弱位)も厚み1ミリにし、幅も少し広げた方が安全かつ嵌めやすいと思います・・・・」とお話させて頂いた。
PT900指輪サイズ2番上げ+PT900指輪地金込み加工代1本=¥5,800+¥12,846+消費税

オリジナルジュエリースタジオ-工房ゆりーこ