トップ > オーナーブログ

オーナーブログ

オーナーブログ説明
工房ゆりーこオーナーブログ ~出会いあれこれ~
オーナーブログのイメージ1
工房ゆりーこ
オーナー・ジュエリーデザイナー
八木百合子
プロフィール
ご縁ある仕事を、楽しくやらせて頂ければ、”幸い”です。
1971年、東京神田にある宝石業界では老舗の宝石輸入・製造会社のジュエリーデザイナーの入社試験に、インテリアデザイナーの募集と勘違いして試験に臨んでしまった。
当時の社長の言葉、「人生は縁で成り立っているんだよ。人間は”縁”に従うべきだよ君、試験だけでもいいから受けなさい!」を半信半疑聞き入れて、今日がある。

そんなわけで、「成りたくて成った」わけでないこの仕事でも、自他共に向いていると感じられた。が、数年後に結婚・出産とつづき、子供を預ける施設もないまま、当時としては珍しく、社長から自宅出勤を進められて続けてきた。

7年後退職。2子誕生を迎えて田舎に家を建て、子育てに集中しようと決心していた。しかし、ちょっとしたアルバイトをきっかけに次々と仕事が広がって、気が付くと月100枚のデザインを描くフリーのデザイナーになっており、子育てと仕事のはざ間での過労は、度々腎盂炎を引き起こすことになった。

幸いなるかな当時の日本は、まさに高度成長時代の真っ只中で、鋳造会社が台頭しオリジナルのデザインが求められていた。日本キャスティングクラブという名称だったと思うが、鋳造技術を共に学び合う会社のお仲間達に誘われ、1981年外国との技術提携をも兼ねてイギリス・フランス・イタリア・スイスそしてドイツの”バーゼルフェアー”という世界宝飾展を見に行く。そこで、歴史の浅い日本の宝飾業界が、ヨーロッパには太刀打ちできないだろうと考えていた私の考えは一掃され、「日本人の創っているものは決して劣っていない!!」と、大きな感激を得て帰国した。

外国から戻った時、1歳の娘は高熱を出しており、しばらくして私も腎盂炎になり熱が下がらなかった。いよいよ仕事は”やめ時”と考え、もう描くだけ描いたから惜しくない、と主人に言った。
「”宝石という美しいもの”の仕事をやめてはいけないよ。君のデザインしたものを売ればいいよ。」といい、設計事務所を営んでいた夫は、1983年塀を壊し庭を駐車場にし、居間を店にしてくれたのである。

これが、片田舎に小さな宝石店が存在している理由なのである。訪れる人々が、「こんなところにこんな店が・・・・?」と不思議そうに言います!

しかしこの後も、店を辞めたいと考えていた頃、「宝石は、何百年もの間、宇宙光線が地中深く差し込んで結晶される」という文章に出会い、その成立に畏敬の念で心が震えた。そして主人の言葉も、社長の言葉も本当に有り難い事であったと感謝したのである。
宝石は神様から人間へのプレゼントだと思って、若い時の様に根をつめて仕事をするのでなく、楽しんで喜んでやるべきでは?と、今は思っている。
ジュエリーデザイナー     八木百合子
ブログ記事一覧

4月は、白内障の手術が予定されている中、予期せぬ事に店を改装せねばならなくなり、とことん気が滅入った。
工務店の社長のお達し「店舗周りの水はけの改善と湿気の除外」を受け、長年手入れしたバラもあじさいも処分、鉢類も最小限に、花壇の枕木は全部コンクリートに変えた。
眼科へ通いつつ、毎日職人さんとの共同作業、監督もし、本業もあり、筋肉疲労で9時に就寝、腰痛に悲鳴をあげる。遠方は眼鏡無しになったが、よく見えた近場が見え無くなり不便さに慣れず気分が落ち込んだ。

工事のメドが立った頃、ヨーグルトの宅配さんが「6月から木曜日の配達に変更させて下さい」という。
近くの宅配先の方が、木曜日の***スーパーの特売に同じ独り暮らしの人達とお話が出来るので、市の巡回バスで出掛けている・・・・ 他に出掛けるとこもないのだとか・・・。
「私が乗せて行く事にしたの。喋る人が居ないと、家の事などしたく無く出掛けたいんですって!」と。

私は6月はじめのシャンソン練習日に、「発表会を頻繁に開ける様、練習日を月2回にします・・・・」と言った。
出掛ける処を探して居る人達に来て貰って楽しい時間を過ごして貰えたら、私も仲間達も幸せである。
「出会いあれこれも続けよう!」急に力が沸いてきた。
シャンソン仲間の募集は、"趣味を利用して仕事に結び付ける魂胆"との誤解を産むと躊躇したが、その嫌疑を掛けない人の連鎖で10人集まった。
血縁・仕事の縁・趣味の縁・土地の縁・同世代縁等、絡み合った沢山の縁の中に見出した事柄を「出会いあれこれ」に書いていきたい・・・。






先月の3月26日、春休みに入ったので三人の孫達を連れ、一泊で娘が遊びに来ることになった。
毎日私の心を潤す、愛猫シータの故郷"一言主神社"に、シータをプレゼントして下さった神様に御礼参りをしようと、娘に運転して貰い、外に出る事のないシータが興奮して逃げないよう、犬に付けるリードを付けて抱いていった。
賽銭箱近くに連れて行くと、鼻を上げて空気の臭いをしきりに嗅ぎ、懐かしい場が分かるのか?と思えた。

シータは、インドの有名な経典「ラーマーヤナ」に出て来るラーマ王子の后の名で、2002年の9月16日(一言主神社大祭の翌日)闘病中の主人と娘と私は、祈願の為に賽銭箱に近づくと、「ニャオー」と賽銭箱の裏からやせ細った子猫(生後4~5ヶ月位)が出てきた。
「可哀想に・・・」と、境内にいた屋台の「川えび」を購入し、その皮をむいて食べさせると「ウマイマイマイ・・」という悦びの声で一同大笑いしていると、巫女さんが言った。
「居着かれてしまうと困るので神社ではえさをあげません。その子は3日間食べていません、段ボール持ってきましょうか?」と。
「ソウナノカ・・・」と全容が飲み込めた私は、「実はすでに家猫がいるので、ケンカすると大変ですから連れていけないんです!」と、振り向いて答えた。
そして子猫の方をみると、いない!言葉が分かったのかしら?一瞬戸惑いながら立ち上がろうとすると、布のバッグが重い!
「あっ!」と叫ぶと主人も娘も「あっ!」と言った。私の布バックの中に小さくまるまっていた。
そのまま帰ってきて、当時家にいた雄猫ラーマの后の名を付けると、人間が羨む程の仲睦まじさを見せた。

ワッセとの出会いも丁度シータとの出会いの頃で、お陰様で沢山の出会いを頂きました。
心から御礼申し上げます。




「やっと来れました・・・」と、高さのある立て爪をリフォームして使いたいとずーっと思っていたという古河市のO様。
当店のオリジナルのデザイン枠を色々試着下さっている内に似合うもの・お好きな物が決まってきて、車の中でお待ちだった御主人様も途中から店内に入って奥様の試着を見守られ、送られた立爪のダイヤ0・496ctのリフォームのデザインが決まりました。
気軽に嵌められ、手に馴染んで疲れない﹇R-332 ﹈と呼ぶ結婚指輪として開発したデザインです。
太さが相似形のS・M・Lの3 種あり、普通サイズ(10から17番位)の為Mになさり、爪が引っかから無い花枠でダイヤを留めることにしました。
修理する指輪も一点預かり、立て爪枠・イヤリング・ピアス枠を売却する事に。

地金込み加工代 + 修理代金 = ¥131,839 + 消費税 ― 売却代 = ご請求額¥115,996


北茨城市の方から来て下さったH御夫妻様、何点も御試着頂きましたが、奥様が[R-332]を試着の手をご覧下さって、御主人様は「似合ってる!」と思われたと思います。
微笑んでいらしただけでしたが、「自然体で手が長く見える」のがありあり解りました。
奥様も〝嵌めやすい......〞とおっしゃり、余り迷わずに決めて頂きました。サイズ17番とサイズ10番ですが共にMでお作りになるので奥様のサイズ10は4カ所で長さの調整をしました。
この調整は無料で行っていますので、価格面でも人気です。

地金込み加工代2本=¥165,323+消費税


12月の在庫セールの時期、N様が今年も顔を見せて下さり、「母の指輪なので使いたい......」と、パールリングのリフォームを依頼下さった。
その指輪はK18の枠なので、お葬式にも使いたいとのご希望の為、PT900の白い地金で、シンプルなデザインにする事になった。N様には優しいデザインがお似合いそうなので、両脇に小粒パールをあしらい小指側に下がった、はめ易い形をご提案、「パールは小さくして下さい......」というご希望通りにした。
K18の枠は溶かして普段使いのリングにする。少しK18の地金を足し、ダイヤを3個留めて安心感のある太さにする。
今年は、働く女性となった3人のお嬢様を同伴下さり、それは正に、母親の〝幸せな情景〞であった。
14年前に初めて依頼を受けたリフォームは、珊瑚細石(さざれ石)の3連のネックレスを他の石をあしらって、3人のお嬢様とご自分が使える様に組み替える事、その数年後は、もう使わないと言う小粒パール連で3人のヘッドとブローチをそれぞれの好きな色と個性をお聞きして創った。
「三人を平等に可愛がってきた!」と仰るN様の心は、間違いなく目に見える形になり、N様の優しく穏やかな頬笑みも形成してきた。眩しく嬉しく賑やかな日であった。


【お母様から頂いた指輪を...】・・・・(2018年3月)
PT900地金 + K18地金不足分 + ダイヤ3個 + 2点の加工代 = ¥156,704(税抜き)



以前に当店で指輪とヘッドのリフォームをして下さったY様が、「同級生なので......」とM様をご同行下さり、ご一緒にご要望等も引き出して下さったので、初対面のM様も私も大いに助かった。
「指輪はやらないのでヘッドにしたい... ...」と仰るM様のご要望に従って、ショートヘアで、すっきりなさった雰囲気に合わせて、デザイン画を作成する事に。
指輪のpt900枠から外したアメジストは、12ミリ×10ミリの楕円で高さは8ミリもあった。枠は溶かして使用し、足りない分のみ当社の新しい地金を追加してコストダウンを考える。
もう一つのご要望は「パール一粒のヘッドを創りたい」ということで、在庫の南洋パールを決めて頂いた。丸いパールが「胸の上でコロコロ動かない方が......」という重要な気づきを達成する為に、これもデザイン画作成後に見積りを付けてFAX送信する事に。両方共PT900にして同じチェーンを使いたいと言うことであった。
今回のデザインは時間が掛かってしまったが、その分図面通り早く出来て、見積りより安くなった。


【御主人様から頂いた指輪を﹁使いましょう!】・・・・(2018年2月)
地金不足分と2点加工代 + 南洋パール代金 = ¥235,418(税抜き)



【当店の結婚リングの実例から...】・・・・(2018年1月)

6年前からの結婚リングの実例を、ごく一部をご紹介します。
これらは当店で開発したオリジナルのデザイン見本を見て頂いた上で、更に受注くださったお客様のアイデイアとご要望を付け加えています。
価格は、pt900の使用量(2本合計)とその時の地金相場で変わり、6年間で相場が変動していますので載せておりません。
思い出になる指輪は、まだまだ沢山ございます。結婚が決まった方、実例集を見に来て下さい。

※ 気になるデザインがありましたら、写真下5桁の数字でお問い合わせください。



「結婚指輪を今年は新調する」と前々から計画を立てていらっしゃったというT様。ついでにリフォームして、使えないものを生かそうとお持ちのものをご持参下さった。
「これはまだ使いたいのです。」とおっしゃる指輪をみて、「では、このリングと一緒に使える結婚リングがよろしいのでは? ......」と提案してみる。若いうちは、結婚リング一本の使用でも、指輪のインパクトが強く感じられるが、50代を過ぎるとお出かけの際には結婚リングにセットできる指輪があると便利である。
丁度、そのお持ちのものが小指側に斜めに下がるものなので、その角度にぴたりと寄り添えるものをご覧に入れる。「成る程! 良いかも......」と言うことで、壊す指輪から外した小粒ダイヤを上部にあしらうことになった。
片側イヤリングのパールは、太い指輪を溶かし手造りすることをご提案。左右の腕をずらして薬指に斜めに収まるデザインにし、左右1個ずつダイヤをあしらった指輪になった。
外した宝石の残りは、T様の雰囲気を思い浮かべつつオリジナルのヘッドを描き上げた。そのデザインに沿って、オリジナルのものをワックス技法で私自身で楽しく創らせて頂き、外した宝石は一粒残らず生かしました。有り難うございました。


【結婚30周年に結婚指輪を新調・そしてリフォームも】・・・・(2017年12月)
パール指輪 + 地金込み指輪 + 地金込みヘッド = ¥262,758 + 消費税 - 地金売却分



筑西市のI様が、長女の一歳の時に購入したというアメジストのベビーリングを、「今年20歳になるので、ヘッドにし、細いネックレスも付けてプレゼントしたい......」「それとお揃いのイヤリングも付けて......」と、もう使わないご自分のピアスを、加工代の足しにご持参された。
見るとお人形のピアスは、耳に通す針のみしか貴金属部分はなく、ピアスの穴を開けた時の固定ピアスはメッキ物なので使えない。使える貴金属はわずかであったが、それでも売却分は、¥5、480になった。
母親としての気遣いに「さぞや優しいお子様に育ったのであろう!」と思われて、イヤリングにするアメジストを時間を掛けて探した。


ベビーリングのリフォーム[1]
K18チェーン&アメジストK18イヤリング制作代 + 消費税 ― 売却分 = ¥46,443(税込み)


お母様が使用なさっていた指輪で、「ベビーリングを創りたい......」と、4年前に当店で結婚指輪を受注下さった、古河市のF様ご夫妻が、来月一歳のお誕生日を迎える長女を抱いてご来店。いよいよ一歳を機に、保育園に預けて仕事に復帰なさるのだとか......、自分も通って来た道ではあるが、お人形のような可愛いお顔をみると切なくなる。
サファイアとダイヤ1ピースを外し、20歳になった時にはサイズ直しをしてそのまま使えるリングにしたら... ... とご提案。サファイアの枠は可愛い花枠にし、小粒ダイヤも枠を付けて強調しました。


ベビーリングのリフォーム[2]
PT900指輪加工 + サイズ直し(+1)= ¥53,684 + 消費税
※御主人の結婚リングもサイズを1番上げたいとの事で、請求額は込みになっています。



「もうソロソロ身辺整理をしなくては......」と、H様が沢山の品々をお持ち下さった。
以前当店に色々とご依頼来下さっているF様をよくご存じだとかで、「前々から来ようと思っていたのですが......」と、お出かけが多く時期が遅くなってしまったと仰る。
お出かけの効用のせいか、貴金属のなさり方が自然だし、洋服とのコーディネイトもお上手だな、と見受けられた。
まずご希望を伺い、全体のリフォームの構成を考えるのに1週間頂く事に。それを図面にし、大凡の見積りも出した。
まずはメキシコオパール・キャッツアイ・ダイヤの3 点の宝石使用で、ペンダントヘッドを描きました。了承後これを(PT850)の枠2本を溶かし加工することに。
南洋パールの指輪は、パールをトルコ石で2重に囲み大きめのヘッドに図面を作成しました。私も職人もこのタイプのトルコ石をこの様に留めるのは始めての試み、相談の結果「やってみよう!!」と言うことに。
赤サンゴ(11・5ミリ)は、K18WGのドーナツ型パーツ4個を使用して3個はご希望のチョウカーに、2個はイヤリングをご希望なので、穴を開けK14WGの金具を使用しました。
小粒トルコ石の残りは2連のロングネックレスに組み替え、お預かりのリング枠で無使用分は売却しました。
デザイン画を見て頂いた時点で「うわー!出来上がるのが楽しみだわー!」と歓声、私も楽しく製作出来ました。


5点の製品加工 + 消費税 ― 売却代 = ¥241,463(税込請求額) ※制作No29067


この「出会い、あれこれ」も早いもので、15年半になる。始めた頃は主人と娘が同居、雌犬と雄猫と雌猫がいた。
今は私と雌猫1匹(名はシータ)で、優しく遠慮がちな末娘と一緒に暮らしているかのような、穏やか日々である。
しかし、17歳半というシータが「いなくなったら......」という、遠くない未来への恐れが心をよぎる瞬間は毎日あり、シータの朝の挨拶は「今日も宜しく!」、夜の挨拶は「今日も有り難う!」と心を込めて言うようになった。
同級生と出会って、互いに頷く内容はほぼ同じ体調の変化の事で、「声が大きい!」という理由で皆から「元気ですね~!」と言われる我が身も例外ではなさそうだ。
1971年4月に東京神田にある宝石輸入会社のデザイン室に入社した私は、14年間デザイン画を描き現在地に店を開いた。
思えば現時点で46年と4ヶ月この仕事を続けているわけで、50年勤続を目指したいと願うようになった。その3年8ヶ月後、シータは21歳になる。

読者の皆様、願わくば〝宝飾品の身辺整理〞をお急ぎ下さいまして、リフォーム等のお役に立てますよう、節に御願いいたします。既にご依頼下さった皆様には感謝申し上げます。期限切れにナリマセヌヨウ......。




オリジナルジュエリースタジオ-工房ゆりーこ